目の疲れの原因

目の疲れの原因は?

目の疲れは現代病とも言われ、今では多くの現代人がそれに悩まされています。その原因には多くの事が挙げられますが、その最たるものは、長時間に及ぶ日常的な目の酷使でしょう。

長時間に及ぶ日々のパソコン使用で目には多大な疲労が蓄積され続け、疲れ目の症状を深刻なものにしています。それではこれら日常的生活が目にどのような悪影響を与えているのか説明していく事にしましょう。

筋肉疲労が引き起こす目の疲れ

パソコン画面を見続けるという事は、同じ体勢と距離で同じピントを継続し続けるという事です。眼球は6本の筋肉によって支えられており、長時間同じ場所を見続けるとそれら筋肉の緊張が高まり筋肉疲労を起こしてしまい、ずっと同じピントを維持する事で、その役割を担う水晶体を支える結合組織や筋肉も筋肉疲労を起こしてしまいます。

これらの筋肉疲労は疲れ目の原因となり、ぼやけやかすみ目、目の痛み、肩こり等を引き起こします。目を酷使する人が目の奥の痛みを訴えるのも、目を支える6本の筋肉が目の奥で1本に繋がっているからなのです。

能力低下が引き起こす目の疲れ

モノが見えるという感覚は、角膜から入った光をカメラのレンズに当たる水晶体がピント合わせを行い、それをフィルムに当たる網膜に焼付け、現像場所である脳へ信号を送る事で実現します。

この脳に信号を送るのがロドプシンと呼ばれる網膜細胞で、自身が分解する事によって電気信号を発して、それを脳に送っています。分解したロドプシンは再合成を行い、この過程を繰り返すことによって視界の維持が行われている訳です。

しかし、目の酷使を続けると、再合成機能が低下し正確な信号が遅れなくなります。それによって、ぼやけやかすみ目が引き起こり、目の疲れの原因となるのです。

放っておけない目の疲れ

長時間に及ぶ目の酷使は目の機能を支える筋肉や能力低下を引き起こし、目の疲れの原因となります。しかしながら、現代社会においてパソコンの長時間使用は避けては通れず、それによって引き起こされる目の疲れは防ぎきれない問題となっています。

とは言え、目の疲れを放置しておけば深刻な病気をも引き起こす可能性があるので、早急な改善対応が必要です。現在ではブルーベリーなどに多く含まれるアントシアニンがロドプシンの再合成をうながす事が分かりブルーベリーサプリメントへの注目が高まっています。